建築工法・仕様

在来工法建築

在来工法とは、土台・柱・梁・桁・筋交いで家の骨組みを造る工法です。
日本の気候風土に合った工法のため、四季を通じて快適に過ごすことができ、地震の多い国ならではの地震対策も施されています。
建築過程の一部をご紹介します。

  • 基礎配筋

  • べた基礎工法

  • 3尺升補強根太

  • 3尺升補強根太

  • 木造在来軸組工法(筋交い)

  • 剛床構造

  • 壁グラスウール10K75mm

  • 外壁下地構造用合板

  • 外壁モルタル

建物保証

保険の対象となる基本構造部分

住宅瑕疵担保履行法に基づき定められた、構造耐力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任の範囲が対象になります。

保険の対象となる基本構造部分
保険のしくみ
保険のしくみ
  • 保険期間中に瑕疵が発生した場合、住宅取得者様は、請負契約または売買契約の範囲において、住宅事業者に対して補修等を請求することができます。

  • 住宅事業者は、請負契約または売買契約に基づき、補修等について検討し、保険金をお支払いできる理由に該当する場合には、住宅保証機構に保険金の請求を行います。

  • 住宅事業者が補修等を行います。

  • 住宅保証機構は、住宅起業者が補修等を実施した後、住宅事業者に保険金をお支払いします。

  • 住宅事業者が倒産等の場合など相当の期間を経過してもなお瑕疵担保責任を履行できない場合で、保険金をお支払いできる理由にあたる場合は、住宅取得者様は、住宅保証機構に直接保険金を請求し、保険金の支払を受けることができます。